JAC 一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作協会 JAPAN AD. CONTENTS ASSOCIATION

会員社向け専用ページ

JAC NEWS

女性Pr・PM応援ディスカッション ~がんばれ、ママP!~ 開催のご案内

    JAC加盟社の映像制作部門の現場で活躍している女性は現在約650名、10年前に比べて2倍以上となっています。加盟各社はこれから増々女性の活躍を期待しています。しかし、長い間男性中心の業界であったため、女性も働きやすい職場環境作りが遅れていることも事実です。
    JAC労務/労働環境委員会では、このような環境の中でも子育てをしながら制作現場で活躍している女性プロデューサーや女性プロダクション・マネージャーを中心に、「どんな工夫をして」「会社や同僚からの協力は」「苦労していること」などをディスカッションしていただく「女性Pr・PM応援ディスカッション~がんばれ、ママP!~」を開催することにしました。
    また、ディスカッション終了後には、業界で活躍する皆さんの繋がりを広げる機会として、懇親会も開催します。これからママPを目指している方、現在ママPとして奮闘している方など女性の方でしたらどなたでもご参加いただけます。業界内のネットワークを拡げていただくことで、永くこの業界で働きつづけるヒントを得ていただければと思います。
    下記の詳細をご覧いただき、参加ご希望の方は申込書にご記入の上、メールにてお申込み下さい。
    委員会ではこのディスカッションで見えてくる課題を検討し、女性も働きやすい環境づくりの参考として会員各社に働きかける活動をしていきます。 ご参加をお待ちしております。
    ※お申込みは会員社の社員の方のみとなります、ご了承下さい。

     女性Pr・PM応援ディスカッション ~がんばれ、ママP!~ 開催の詳細
    開催日 2017年2月9日(木) 11:00~14:30 (受付開始時間 10:30)
    ディスカッション:11:00~12:30
    懇親会:12:30~14:30
    MC ㈱ソーダコミュニケーションズ 阿部 薫(プロデューサー)
    パネリスト ㈱スプーン  中里 未央子(プロデューサー)
    太陽企画㈱  藤掛 真里(プロデューサー)
    ㈱東北新社 Suudonn  井上 みち子(プロデューサー)
    ㈱サン・アド  大谷 由紀子(PM)
    ㈱博報堂プロダクツ  小林 永実(PM)
    会 場 TKP新橋カンファレンスセンター6F(カンファレンスルーム6B)
    住所:港区西新橋1丁目15-1 大手町建物田村町ビル
    →TKP新橋カンファレンスセンターへのアクセスはこちらから
    定 員 先着50名 (女性限定)
    申込方法 下記の申込書にご記入の上、下記アドレス宛にメールにてお申し込みください。
    メールアドレス romu@jac-cm.or.jp
    ※会社で取りまとめの上、お申込みいただきますようお願い致します。
    懇親会費 1名 3,500円(消費税別)
    懇親会にご出席の方は、懇親会費を2月8日(水)までに下記銀行までお振込ください。
    ※お申込み受付後、請求書を発送いたします。
    三菱東京UFJ銀行 新橋支店
    一般社団法人日本アド・コンテンツ制作協会
    普通預金口座 No.3219964
    申込締切 2017年2月1日(水)
    ※定員に達しました場合は、締切日前でも受付終了とさせていただきます。ご了承下さい。

JAC AWARD 2016 結果報告

JACアワード委員による第一次審査を経て11月22日(火)スペシャル審査員による第二次審査会が開催され、厳正なる審査の結果、下記の通りリマーカブル・オブ・ザ・イヤー受賞者が決定致しました。
12月22日(木)リマーカブルクリスマスパーティーで執り行われた贈賞式の場でそれぞれの部門のオブ・ザ・イヤーが表彰されました。

【 ディレクター部門審査結果 】

オブ・ザ・イヤー

☆㈱ピクト  佐藤 圭
ファイナリスト (4名)

太陽企画㈱  大柿 鈴子
㈱東北新社  坂元 友介
㈱ハット  豊泉 誠志
㈱AOI Pro.  山田 彩華
(ディレクター部門エントリー数:15社28名)
【 プロデューサー部門審査結果 】

オブ・ザ・イヤー (3名)

☆㈱AOI Pro.  佐藤 一樹
☆㈱ピクト  白石 道彦
☆㈱ティー・ワイ・オー  西原 正浩
ファイナリスト (2名)

㈱ティー・ワイ・オー  原沢 優太
㈱AOI Pro.  福原 健司
(プロデューサー部門エントリー数:12社29名)
【 プロダクションマネージャー部門審査結果 】

オブ・ザ・イヤー

☆㈱AOI Pro. 中村 拓人
ファイナリスト (6名)

太陽企画㈱  潮田 龍一
㈱AOI Pro.   斎藤 力也
㈱東北新社  高橋 愛
㈱ティー・ワイ・オー  谷口 奈津希
㈱東北新社  味方 優介
㈱ピクト  山下 理衣
(プロダクションマネージャー部門エントリー:14社48名)

※順不同・敬称略

一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作協会
アワード委員会委員長  中島信也
専務理事  薬師寺衛

JAC AWARD 2016 贈賞式のお知らせ

    本年度より リマーカブル・ディレクター、リマーカブル・プロデューサー、リマーカブル・プロダクションマネージャーを統合して審査し、受賞者を決定致しました。
    12月22日(木)20:00より開催される「リマーカブル・クリスマスパーティー」で、受賞者のなかからオブ・ザ・イヤーとファイナリストを発表し表彰致します。
    当日は受賞者とスペシャル審査員とのトークセッションや余興も予定しており、会員各社の若手の顕彰と親睦を目的としたパーティーとなります。多くの皆様のご来場をお待ちしております。
    パーティー用のポスター3種作成致しましたので、社内で掲示をお願い致します。

    【 審査委員長 】
    中島信也(東北新社)

    【 スペシャル審査員 】
    伊藤由美子
    岩井健二(太陽企画)
    潮田一(AOI Pro.)
    黒田明(ワンダラクティブ)
    黒田秀樹
    小佐野保(ギーク ピクチュアズ)
    宝田晴夫(ティー・ワイ・オー)
    多田真穂(電通クリエーティブX)
    早川和良(ティー・ワイ・オー)
    山本真也(太陽企画)

    JAC AWARD 2016 Remarkable Xmas Party開催概要
    開催日付 2016年12月22日(木)
    開場19:00~/贈賞式20:00~/
    トークセッション21:00~/余興23:00~29:00
    場 所 イメージスタジオ109四谷スタジオ
    東京都新宿区四谷1-16-3
    →イメージスタジオ109のHPはこちらから
    会 費 3,000円(前売券)ドリンク・餃子・カレー
    入場券 個別での販売はしておりません。JAC加盟制作会社でまとめて事前購入となります。詳細は下記の書類をご参照ください。

イントレ資格についてのお知らせ

    平成27年7月1日施行の労働安全衛生規則一部改正に伴い、足場からの墜落防止措置が強化されました。
    これに伴い撮影等の現場で足場(イントレ)組立・解体する場合、「足場の組立て等の作業に係る業務の特別教育」
    などの資格を得た者のみが作業をし、かつ制作プロダクションはスタッフの資格を確認する義務があります。
    撮影等の現場で足場(イントレ)組立・解体作業に従事する照明部、美術部、特機部等のスタッフに対し、制作プロダクションより「特別講習受講」の修了確認と未修了者への受講周知と啓発を、下記掲載の資料をご参考に積極的に行って頂くようお願い申し上げます。

特別教育講習受講の周知と啓発のお願い

イントレ資格啓発ポスター

イントレ発注フローチャート

講習会予定表(東京・大阪・名古屋)

厚生労働省労働基準監督署 パンフレット

厚生労働省労働基準局 対策推進要綱

JAC AWARD 2016 について(募集は終了致しました)

    本年度より リマーカブル・ディレクター、リマーカブル・プロデューサー、リマーカブル・プロダクションマネージャーを統合しJAC AWARDとして同時に募集~審査~表彰を行う事となりました。
    そのために新設されたJACアワード委員会と、そのために一堂に会するスペシャル審査員が審査します!
    最優秀賞とスペシャル審査員賞受賞者は2016年12月22日に開催される「リマーカブル・クリスマスパーティー」 で表彰。
    当日は受賞者とスペシャル審査員とのトークセッションを予定しています。

    【審査委員長】
     中島信也(東北新社)

    【スペシャル審査員(ディレクター部門)】
     黒田明(ワンダラクティブ)
     黒田秀樹
     伊藤由美子
     早川和良(ティー・ワイ・オー)
     山本真也(太陽企画)

    【スペシャル審査員(プロデューサー・プロダクションマネージャー部門)】
     岩井健二(太陽企画)
     潮田一(AOI Pro.)
     小佐野保(ギーク ピクチュアズ)
     宝田晴夫(ティー・ワイ・オー)
     多田真穂(電通クリエーティブX)

団体名変更のお知らせ

映像制作業界を取り巻く環境が変化し、ビジネスモデルの転換期にあるいま、JACも大きく舵をきるべき時期に差し掛かっています。
映像に関わる関係者に広く参加していただき、健全な業界としていくために一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作社連盟は2016年5月24日付で「一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作協会」へと名称を変更いたしました。
これに伴いロゴ、および英文名称をJAPAN AD.CONTENTS ASSOCIATIONに変更したことを、併せてお知らせいたします。

Page Top