JAC 一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作協会 JAPAN AD. CONTENTS ASSOCIATION

JAC NEWS RELEASE

働き方改革に関する情報ページ

    新しい働き方を実現するためにJACの基本的な商取引の考え方をまとめました。

JAC AWARD 2018 募集のお知らせ

    大好評だった2017年のJAC AWARD。
    今年もプロデューサー部門/プロダクションマネージャー部門/ディレクター部門の募集を開始します。
    JACアワード委員会と、JAC AWARDのために一堂に会するスペシャル審査員が審査します!
    最優秀賞は12月13日(木)に開催される「リマーカブル・クリスマスパーティー」で表彰します。
    当日は受賞者とスペシャル審査員とのトークセッションを予定しています。

    【審査委員長】
     中島信也(東北新社)

    【スペシャル審査員(ディレクター部門)】
     黒田明(ワンダラクティブ)
     黒田秀樹
     永井聡(AOI Pro.)
     早川和良(ティー・ワイ・オー)
     山本真也(太陽企画)
     金澤善風(電通クリエーティブX / 2017年ディレクター部門グランプリ受賞者)

    【スペシャル審査員(プロデューサー・プロダクションマネージャー部門)】
     阿部薫(ソーダコミュニケーションズ)
     岩井健二(太陽企画)
     小佐野保(ギーク ピクチュアズ)
     宝田晴夫(ティー・ワイ・オー)
     多田真穂(電通クリエーティブX)

広告制作取引「受発注」ガイドラインについて

    広告業務に携わる関係者全員がこれまでの働き方を見直し、長時間労働を抑制するための取り組みとして、
    公益社団法人日本アドバタイザーズ協会、一般社団法人日本広告業協会、一般社団法人日本アド・コンテンツ制作協会、
    公益社団法人日本広告制作協会の広告関係4団体は「新しい働き方」円卓会議を開催し、「広告制作取引『受発注』ガイドライン」を策定いたしました。

(1) 4団体受発注ガイドライン合意リリース2018.3.26

(2) 広告制作「受発注」ガイドライン

(3) 広告制作「受発注」ガイドライン(資料編)

JAC AWARD 2017 最終結果報告

JACアワード委員による第一次審査を経て11月21日(火)スペシャル審査員による第二次審査会が開催され、厳正なる審査の結果、下記の通りリマーカブル・オブ・ザ・イヤー受賞者が決定致しました。
12月21日(木)リマーカブルクリスマスパーティーで執り行われた贈賞式の場でそれぞれの部門のリマーカブル・オブ・ザ・イヤーが表彰されました。

【 ディレクター部門 】

リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー

☆㈱電通クリエーティブX  金澤 善風
リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/ファイナリスト

㈱ハット  豊泉 誠志
リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/黒田明賞

太陽企画㈱  大柿 鈴子
リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/山本真也賞

㈱AOI Pro.  室田 晋
リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/早川和良賞

㈱東北新社  吉川 詩歩

【 プロデューサー部門 】

リマーカブル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー (2名)

☆㈱二番工房  岡澤 のり子
☆㈱AOI Pro.  川口 正太
リマーカブル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー/ファイナリスト (3名)

㈱ソーダコミュニケーションズ  磯野 直史
太陽企画㈱  細川 修平
㈱電通クリエーティブX  渡辺 賢一
【 プロダクションマネージャー部門 】

リマーカブル・プロダクションマネージャー・オブ・ザ・イヤー

☆㈱東北新社  青木 卓郎
リマーカブル・プロダクションマネージャー・オブ・ザ・イヤー/ファイナリスト (5名)

㈱ギークピクチュアズ   枝 靖隆
㈱博報堂プロダクツ   倉上 穂
㈱AOI Pro.  斎藤 力也
㈱エンジンフイルム  穂満 慶祐
㈱ワサビ  夢田 朝美

※敬称略・50音順

一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作協会
アワード委員会委員長  中島信也
専務理事  薬師寺衛

イントレ資格についてのお知らせ

    平成27年7月1日施行の労働安全衛生規則一部改正に伴い、足場からの墜落防止措置が強化されました。
    これに伴い撮影等の現場で足場(イントレ)組立・解体する場合、「足場の組立て等の作業に係る業務の特別教育」
    などの資格を得た者のみが作業をし、かつ制作プロダクションはスタッフの資格を確認する義務があります。
    撮影等の現場で足場(イントレ)組立・解体作業に従事する照明部、美術部、特機部等のスタッフに対し、制作プロダクションより「特別講習受講」の修了確認と未修了者への受講周知と啓発を、下記掲載の資料をご参考に積極的に行って頂くようお願い申し上げます。

イントレ等足場作業参考ルールおよび作業ステッカー送付のお知らせ

イントレ等足場組立・解体作業の参考ルールについて

イントレ等足場組立作業ステッカー【見本】ダウンロードはこちらから

『広告ビジネスにおける「働き方」改革のための基本合意』(2017年7月)

    日本アド・コンテンツ制作協会は「働き方改革へ向けたJACの基本方針」(2017年5月10日発表)で掲げた「アドバタイザー・広告会社と制作会社の理解促進」の一環として公益社団法人日本アドバタイザーズ協会、一般社団法人日本広告業協会、公益社団法人日本広告制作協会と共に「新しい働き方」円卓会議を開催し、別紙の基本合意を承認しました。

    これまで各団体は個別に働き方について検討組織を設置、指針や取り組みの発表を行ってきましたが、4団体が集まり働き方について協議することは初めての取り組みであり、基本合意を承認することは画期的なこととなります。

    なお、各団体の取り組みの進捗を共有する第2回「新しい働き方」円卓会議を年内の開催を予定し、継続的に進めてまいります。

『広告ビジネスにおける「働き方」改革のための基本合意』(2017年7月)

    日本アド・コンテンツ制作協会は「働き方改革へ向けたJACの基本方針」(2017年5月10日発表)で掲げた「アドバタイザー・広告会社と制作会社の理解促進」の一環として公益社団法人日本アドバタイザーズ協会、一般社団法人日本広告業協会、公益社団法人日本広告制作協会と共に「新しい働き方」円卓会議を開催し、別紙の基本合意を承認しました。

    これまで各団体は個別に働き方について検討組織を設置、指針や取り組みの発表を行ってきましたが、4団体が集まり働き方について協議することは初めての取り組みであり、基本合意を承認することは画期的なこととなります。

    なお、各団体の取り組みの進捗を共有する第2回「新しい働き方」円卓会議を年内の開催を予定し、継続的に進めてまいります。

JAC AWARD 2017 のお知らせ(締切ました)

    大好評だった2016年のJAC AWARD。今年もリマーカブル・ディレクター、リマーカブル・プロデューサー、 リマーカブル・プロダクションマネージャーを統合しJAC AWARDとして募集~審査~表彰を行います。
    JACアワード委員会と、JAC AWARDのために一堂に会するスペシャル審査員が審査します!
    最優秀賞は12月21日に開催される「リマーカブル・クリスマスパーティー」で表彰します。
    当日は受賞者とスペシャル審査員とのトークセッションを予定しています。

    【審査委員長】
     中島信也(東北新社)

    【スペシャル審査員(ディレクター部門)】
     黒田明(ワンダラクティブ)
     黒田秀樹
     永井聡(AOI Pro.)
     早川和良(ティー・ワイ・オー)
     山本真也(太陽企画)

    【スペシャル審査員(プロデューサー・プロダクションマネージャー部門)】
     阿部薫(ソーダコミュニケーションズ)
     岩井健二(太陽企画)
     小佐野保(ギーク ピクチュアズ)
     宝田晴夫(ティー・ワイ・オー)
     多田真穂(電通クリエーティブX)

団体名変更のお知らせ

映像制作業界を取り巻く環境が変化し、ビジネスモデルの転換期にあるいま、JACも大きく舵をきるべき時期に差し掛かっています。
映像に関わる関係者に広く参加していただき、健全な業界としていくために一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作社連盟は2016年5月24日付で「一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作協会」へと名称を変更いたしました。
これに伴いロゴ、および英文名称をJAPAN AD.CONTENTS ASSOCIATIONに変更したことを、併せてお知らせいたします。

Page Top